監理技術者の仕事~施工前~

転職サイトをのぞいてみると監理技術者の求人・転職は全国各地で多く見受けられます。

それだけ需要が多いという事なのですが、監理技術者というお仕事は、現場の技術面…つまり、工事そのものの管理を一手に引き受けるお仕事です。

施工に携わる技術者たちをまとめ、その工事の質すべての責任を負う、重要かつ、責任重大なポジションともいえるでしょう。

そんな監理技術者のお仕事ですが、一口に「管理する」「質の高い施工を行う」といっても、では実際にはどんなことを行っているのでしょうか。

ここでは、工事に入る前段階のお話をしていきましょう。

工事というものには、必ず、発注者・依頼者がいます。

その時点でわかる事というのが、どんなものを作りたいか、ということ。

監理技術者はまずこれを実際にその場所に作ることができるのかということを熟考します。

どのようにするのかというと、図面をすみからすみまで確認し、実際にそれを作る場所に赴き…の繰り返しです。

もし、これをここに作るのは不可能だ、などという矛盾点を見つけたら、発注者・依頼者や、工事の所長などと打ち合わせを行い、現実的な施工方法を決めます。

そして、施工の計画表などを作成し、現場事務所を設置し…ココからやっと実際の工事が始まるのです。

一口に管理と言っても、その密度は相当なものなのです。