監理技術者をスポーツに例えると…

工事現場では、技術者たちが、自分の持てる技術や経験を駆使して、日々施工を行っています。

そんな技術者たちをまとめる存在、それが、監理技術者です。

監理技術者は、いわば、技術者のリーダー的存在。

指揮をとりながら、常に施工の状態を監督し、質のいい施工が行われるよう管理しています。

もし、工事現場というのが皆さんの中でイメージしにくいものであれば、スポーツで考えてみて下さい。

監理技術者は、チームのキャプテンです。

皆をまとめ、チームを強くしていく…つまり、プレイの質を上げる役割ですよね。

そんなキャプテンにはなにが必要でしょう。

まずは皆から信頼されるだけのリーダーシップを発揮することが必要です。

そして、そのためには、誰よりも技術力が長けていることも必要でしょう。

さらには、何があっても対応できる経験値。

これらがあって初めて、チームは、この人について行ったら安心だと思えるでしょう。

皆をまとめたら、出来上がるものの質を管理することが絶対的に必要になってきます。

皆の技術を最大限に引き出し、質のいいものを作り上げる。

これが、監理技術者の仕事です。

*監理技術者の転職サイトはこちら:「監理技術者の求人・転職情報 | 建設・設備求人データベース